映画:バクマンの感想・ネタバレ注意!!

記念するべき最初の感想は「バクマン」です。
佐藤健, 神木隆之介といった
超豪華キャストだったため、
気になって観てしまいました。以下、感想です。

ー概要ー
『DEATH NOTE』の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督が実写映画化。高い絵の才能を持つ高校生の真城最高(サイコー)は、同じクラスの秀才・高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、想いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保(アズキ)と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、編集者・服部に見出され漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社

評価

人にオススメする or オススメしない でいうと、
この映画は是非ともオススメします!!

特に「何かを死ぬ気で頑張った経験のある人」にオススメです。
そのような人にとっては、
当時の記憶を蘇らせるような青春映画であるため、
より感動を呼び起こされるのではないでしょうか?

感想

一言でいうと、漫画家を目指す高校生の
挫折と成長を描く青春ストーリーです。
・可愛いヒロイン
・強力なライバル
・仲間
等々のよく出てくる要素が揃った
典型的な成長物語のため、
ストーリー自体に斬新性や真新しさはありません。
というか、ありきたりな青春映画です。笑

しかし、そこに至る主人公達の凄まじい努力や、
苦悩・挫折がきちんと描かれているため、
いつの間にか感情移入をさせられてしまう、
不思議な作品でした。
青春を思い出したいときに、
何か困難に立ち向かっているときに、
この映画を見返したいと思います。笑

考察

心に残ったシーンは、主人公達が、
初めて書いた漫画の原稿を
少年ジャンプの編集者へ持ち込み、
その担当者から、連絡先を書かれた名刺を
渡されたときのシーンです。

「名刺に連絡先書いて渡されたら認められたてことだって!」
というセリフととも喚起するシーン。
自分達が苦労して生み出した創作物が、
他者に認められたことによる喜びを
爽やかに演出していて、
このシーンは、同じような経験をしたことがある筆者として、
とても共感し、ぐっと引き込まれる場面でした。

また、蛇足ですが、
・エンディング曲「新宝島」(サカナクション)が素晴らしく良い。
・小松菜奈が可愛過ぎました。
・原作には及ばない、
  原作を知らないほうが楽しめる、
  というレビューが多くありました。
  新妻エイジと亜豆美保が
  もっと魅力的なキャラとして
  描かれているらしく、
  筆者としては原作が気になりました!
 

まとめ

青春に戻れる爽やかな映画でした。
心に残る名画!!とまでは正直いきませんが、
十分に楽しめる作品です。
ただ、少し途中から最終的な展開が
想像出来てしまうところが
残園ではありましたが・・・笑
時間があるとき、
青臭い青春映画を見たいとき、
オススメできる映画でした。

※TOP画像は(C)2015映画「バクマン。」製作委員会より引用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です